のんびりと金沢旅行

観光客現在、北陸新幹線の誕生によって、観光客はゴールデンウィークだと約3倍に増えたと言います。
北陸新幹線の誕生しても、金沢の大きさは一緒なのですから、収容しきれない事態も起こってしまうかもしれません。
そして、人気があり過ぎだから、申し訳ございません、期間中はどの部屋も満室ですという最悪の事態も起こっています。

日本のホテルは観光シーズンなどによって料金を変動させるシステムがあり、だから、金沢のホテルは他と比較しても高いという現象も起きています。

しかし、それも一つのブームに過ぎないものです。北陸新幹線の誕生による過熱度はやがて時間が解決してくれるはずです。北陸新幹線の誕生のメリットは、金沢にとってもとても大きいですが、金沢はもっと、静かな大人の街でなければならないという思いもあります。

今、ここにある金沢は、なんとかブームも一段落して、なんとか落ち着き感もやや取りもどした、一皮剥けた大人の街金沢という感じではないでしょうか。それは、ただ昔の金沢の街ということではなく、新しく新生した金沢の街とも捉えることが出来ます。

もうそろそろ、ブームに惑わされず、高齢者の方々も、ゆったりと北陸新幹線で、金沢を楽しむことが出来る時が来ようとしています。そのような人たちにこそ、最高級のホテルにも滞在していただきたいですね。


金沢の変化

金沢の一流な体験がどのようなものかと言えば、ホテルの建物、部屋、ベッド、食事などの全部が一流なのですが、意外とお客様が一番一流と感じる部分は、一流な人におもてなしされることです。このような人たちと向きあうことが出来るから、自分自身も成長することが出来るのでしょう。

そして、そこには、一流という看板に負けまいとするキリリと引き締まった空気感も感じます。その空気がお客様に威圧感を与えるということではなくて、お客様にとってのとても居心地のいい空気です。金沢のホテルでは、伝統・しきたり、文化など、そのようなものをしっかり引き受け、一生懸命仕事をしている人たちがいます。

新幹線さて、金沢は、北陸新幹線が開通してしばらくたちますが、どのように変化したのでしょうか。
金沢の文化はしっかり守られているというものの、時代の流れに柔軟性をもって対応もしなければなりません。
北陸新幹線の誕生によって、金沢旅行の概念も変化して行ってしまうことになったかもしれません。

兎に角、いい意味でも悪い意味でも困った問題は、金沢に人気が集中して、街が混みすぎの現象が起こっていることです。
近江町市場の混雑は地元民の生活に差支えが出る程と言いますから、問題も多少起きているようです


金沢旅行の体験

ホテル(ダブルベッド)金沢旅行においても、ホテル滞在は、非日常とかけ離れたものである必要があるのではないでしょうか。
そのとき、ホテルは、観光者にとって、どのような存在であるべきなのでしょうか。
ホテル大好きという人たちは、金沢も決して、見過ごすことが出来ないエリアということは、最初から知っています。

そして、金沢というエリアにおいて、ホテルの魅力も尚更実感出来るのではないでしょうか。いろいろな場所に、いろいろなホテルがあり、ホテルそれぞれにコンセプトがあり、様々な魅力があります。機会があれば、金沢だけでなく、いろいろな場所に訪れてホテルの体験をしていただきたいですね。

まさに、大人だから出来るホテルライフのゆとりがあります。ホテルは、ただ泊まることが出来ればいいという場所ではありません。気分転換をするために、遠い外国まで行く人たちもいますが、ホテルならどこにでもあり、金沢でも魅力的なホテルを見付けることが出来ます。そして、ホテルに滞在すれば、そこは日常とはかけ離れた、異国を感じることも出来ます。

兎に角、お金が安い方がいいという気持ちも判らないではありませんが、ここは一度、リッチな金沢のホテルに泊まって欲しいですね。いろいろな演出があったり、サービスも一流であり、高級ホテルでそのような体験をすれば、間違いなくあなた自身も一流な人間へと近付いていくことが出来ます。そのような一流な風に触れることも、人間には大事と言いたいのです。更に続けます。